×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タイトル

第二章 統計と確率によるノイズ対策

統計と確率はディジタル信号処理において、信号の特性化と生成に用いられます。 例えば、DSPの主たる利用方法は、取得したデータのノイズや障害となるデータなどを除去することです。 それらはデータ取得装置の欠陥やいくつか存在するDSPの副作用により、元々存在します。 そこで統計と確率を使用することにより、問題のあるデータを測定し、分類することが可能となります。 この章では、統計と確率がどのようにして取得データに適用されるのかに重点を置いて、統計と確率の 重要な概念を紹介していきます。